2009年08月28日

Ubuntu 9.04のemacsでrubyモードを使う

Ubuntu 9.04のemacsでrubyのコードを書こうとしたが、ruby-modeが標準では入っていないようなので以下を実行しインストール。


hissorii@ubuntu:~/tmp$ sudo apt-get install ruby-elisp


後は、emacsを立ち上げ直してrubyのソースファイルを開いたら自動的にruby-modeになりました。

既に書いたコードをインデントしなおすには、領域を指定して、

M-x indent-region
でok。
タグ:ubuntu Emacs ruby
posted by ひっそりぃ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

subversion覚書

ほとんど自分用メモ。
subversionのリポジトリがhttp://192.168.1251/svn/にある場合。

■subversionのリポジトリに新たなプロジェクトを登録する

既に http://192.168.1.251/svn/src がある状態で、src以下に新しいディレクトリhogeを作成し、さらにその下にお約束のtrunk, branches, tagsを作成する場合。--parentsはmkdir -pと同じ意味で、2階層以上の新規ディレクトリを掘る場合に必要。
-mの中はログメッセージであり何でもよいが、つけない場合はUbuntu 9.04の場合エディタが開くのでそこで記述する。


hissorii@ubuntu:~/tmp$ svn mkdir --parents http://192.168.1.251/svn/src/hoge/{trunk,branches,tags} -m 'test dir'

リビジョン 40 をコミットしました。
hissorii@ubuntu:~/tmp$


今いる~/tmpの下に、subversionに登録したいディレクトリuhyoがある。uhyoの下にも一つサブディレクトリsubdirがある。

hissorii@ubuntu:~/tmp$ ls -R uhyo/
uhyo/:
subdir test.c

uhyo/subdir:
test.txt
hissorii@ubuntu:~/tmp$


このuhyoディレクトリ以下をリポジトリ上のsrc/hoge/trunkにimportする。


hissorii@ubuntu:~/tmp$ svn import uhyo http://192.168.1.251/svn/src/hoge/trunk/ -m 'first import'
追加しています uhyo/test.c
追加しています uhyo/subdir
追加しています uhyo/subdir/test.txt

リビジョン 41 をコミットしました。
hissorii@ubuntu:~/tmp$


ディレクトリuhyo自体は、リポジトリには登録されない。

hissorii@ubuntu:~/tmp$ svn list http://192.168.1.251/svn/src/hoge
branches/
tags/
trunk/
hissorii@ubuntu:~/tmp$ svn list -R http://192.168.1.251/svn/src/hoge/trunk
subdir/
subdir/test.txt
test.c
hissorii@ubuntu:~/tmp$


この状態で、あらためてcheckoutして編集して、commitして、を行う。

ざくっと、src/hoge以下を消す場合は、

hissorii@ubuntu:~/tmp$ svn delete http://192.168.1.251/svn/src/hoge -m 'hoge'

リビジョン 42 をコミットしました。
hissorii@ubuntu:~/tmp$

タグ:Linux subversion
posted by ひっそりぃ at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

[初級編] コマンドの使い方がわからなくなったら。(man, -h, --help)

何かコマンドを使おうとして、あれっ、これどういうコマンドだっけ?とかどんなオプションがあったけ?と思うことが少なからずあります。
こんなときにはどうしたらよいでしょうか。

そんなときは、まずはmanコマンドです。たとえばlsコマンドについて知りたければ、

hissorii@ubuntu:~$ man ls

と実行することで、lsコマンドのオンラインマニュアルが参照できます。

manでオンラインマニュアルを開いたら、カーソルキーの上下で画面をスクロールさせることができます。またmanを終了させるときは「q」キーを押してください。

しかしLinux上級者を目指すあなたは、なるべくカーソルキーを使わないようにしましょう。
もしあなたがvi使いを目指すなら、画面の移動は「j」キーと「k」キーを使いましょう。
もしあなたがEmacs使いを目指すなら、画面の移動は「Ctrl-n」キーと「Ctrl-p」キーを使いましょう。

カーソルキーを使わない利点は、なんかかっこいい、というのももちろんですが、指をホームポジションから大きく移動させなくてよいので、すばやい操作が可能となることです。

これらのキー操作は、ファイルの中身を参照するlessコマンドでも使えますので、ぜひマスターしておきましょう。

また、manコマンド以外にも、コマンド自体がヘルプを表示することができる場合がほとんどです。
例えば、manコマンドを調べるためには、

hissorii@ubuntu:~$ man man

とすることもできますが、-hまたは--helpとオプションを指定することで、そのコマンドのヘルプを表示することができます。

hissorii@ubuntu:~$ man --help
Usage: man [OPTION...] [SECTION] PAGE...

-C, --config-file=FILE use this user configuration file
-d, --debug emit debugging messages
-D, --default reset all options to their default values
--warnings[=WARNINGS] enable warnings from groff

Main modes of operation:
-f, --whatis equivalent to whatis
-k, --apropos equivalent to apropos
-l, --local-file interpret PAGE argument(s) as local filename(s)
-w, --where, --location print physical location of man page(s)
-W, --where-cat, --location-cat
print physical location of cat file(s)

-c, --catman used by catman to reformat out of date cat pages
-R, --recode=ENCODING output source page encoded in ENCODING

Finding manual pages:
-L, --locale=LOCALE define the locale for this particular man search
-m, --systems=SYSTEM use manual pages from other systems
-M, --manpath=PATH set search path for manual pages to PATH

-S, -s, --sections=LIST use colon separated section list

-e, --extension=EXTENSION limit search to extension type EXTENSION

-i, --ignore-case look for pages case-insensitively (default)
-I, --match-case look for pages case-sensitively

--regex show all pages matching regex
--wildcard show all pages matching wildcard

--names-only make --regex and --wildcard match page names only,
not descriptions

-a, --all find all matching manual pages
-u, --update force a cache consistency check

Controlling formatted output:
-P, --pager=PAGER use program PAGER to display output
-r, --prompt=STRING provide the `less' pager with a prompt

-7, --ascii display ASCII translation of certain latin1 chars
-E, --encoding=ENCODING use selected output encoding
--no-hyphenation turn off hyphenation
-p, --preprocessor=STRING STRING indicates which preprocessors to run:
e - [n]eqn, p - pic, t - tbl,
g - grap, r - refer, v - vgrind

-t, --troff use groff to format pages
-T, --troff-device[=DEVICE] use groff with selected device

-H, --html[=BROWSER] use www-browser or BROWSER to display HTML output
-X, --gxditview[=RESOLUTION] use groff and display through gxditview
(X11):
-X = -TX75, -X100 = -TX100, -X100-12 = -TX100-12
-Z, --ditroff use groff and force it to produce ditroff

-?, --help give this help list
--usage give a short usage message
-V, --version print program version

Mandatory or optional arguments to long options are also mandatory or optional
for any corresponding short options.

Report bugs to cjwatson@debian.org.
hissorii@ubuntu:~$
posted by ひっそりぃ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | linux初級編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。